ポリ袋の海外自社工場・定期便・短納期・小ロットの[モロフジ株式会社]



MENU

- MOROFUJI SHANGHAI -

上海工場

ホーム > 会社案内 > 上海工場

自社一貫生産を支える上海工場

2004年に初の自社出資100%の海外工場として、上海諸藤包装制品有限公司は誕生しました。
他のメーカーよりも先駆けて海外への進出を果たした工場であり、多色印刷と短納期対応を得意としています。

 
01 - OUR FEATURE -

カラー・多色印刷可能

カラー印刷は色を掛け合わして行うため、文化の違う海外工場ではお客様が求める微妙なお色合いのニュアンスを表現することが難しく、コストが割高な国内工場に依存している現状があります。
モロフジの上海自社工場では、ベテランの日本人工場長が常駐しており、隅々に渡る品質チェックが可能なため、海外工場ながら国内工場と同等のカラー印刷が対応可能であり、コストも抑えることができます。

 
02 - OUR FEATURE -

短納期

モロフジの上海工場は30,000㎡という広大な敷地内に多くの機械設備を配置し、平日24時間体制で工場を稼働した高い生産能力によって、納期を急ぐお客様の要望に応えた国内工場同等の短納期実績が多数あります。

 
03 - OUR FEATURE -

高品質

モロフジの上海工場は10年以上のキャリアを積み、今では上海諸藤ブランドとして品質・コストに優れた製品を安定して供給しています。
また、日本で10年以上製造経験のある日本人工場長が常駐しているため、「きめ細かな指示と管理」、「密なコミュニケーション」、「国内同等の高品質」を可能にしています。

どんな工場?

中国上海市の北に位置する、嘉定区の工場団地にあります。日系インキメーカー、グラビア製版屋、紐や段ボールメーカーなど、多種多様な工場が近くにあり、短納期を得意としている工場です。また、平日24時間稼働をしているため、製造能力も高く、大量オーダーにも対応できる設備を備えています。

現在の仕事について

小ロット、短納期はもちろんのこと、カラー印刷のもの、複雑な2次加工品の商品を製造しております。手加工を必要とする商品だけでなく、手作業を必要としない、全て機械でできる商品も多く製造しています。また、ポリ袋のチャック袋、保冷袋など、付加価値の高い商品を製造・提供しています。

挑戦1

超音波加工の不織布の製造を始めました。原反は仕入れ、印刷、製袋、手加工は自社工場で加工致します。ポリ袋同様、高品質、短納期、小ロット対応可能でございます。多くのお客様から、生地がしっかりしていて良い、印刷が細い線もでていると高評価を頂いております。

挑戦2

マイティシール角底袋という、紙袋のように底部がフラットに仕上がる袋専用の製袋機を導入致しました。店頭販売のパッケージに適した仕様です。ポリ袋の有用性をより多くのお客様に試していただきたいです。

常駐日本人社員のご紹介

坂根 孝次
国内工場にて11年勤務後、上海工場へ赴任しました。上海諸藤ブランドとしてQCDに優れた製品を安定して供給出来る様、社員一同向上心を持って日々努力しております。時代の変化に伴い、お客様のニーズに合わせた新商品の開発が現在の目標です。よろしくお願い致します。
坂根 孝次
工場長
ポリ袋、手提げ袋、保冷袋、不織布の製造・販売ならモロフジ株式会社へお気軽にご連絡ください。

お電話での受付時間は平日9時~18時となります。その他のお時間はお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。